TOP

元ヤンの爆乳風俗嬢と仲良くプレイを楽しんだ時の体験談です!

本当に助かっているんですよ、風俗には

気持ち良いとか満足感とかよりも、風俗に対しては「助かっている」という気持ちが一番強いかもしれませ。もしも風俗がなかったら、そもそも女の子に抜いてもらうってことが自分にとってはかなりハードルの高い行為になっていますからね。でも風俗であれば自分の好きな時にいつでも楽しめるじゃないですか。しかもその選択肢も多いんです。自分の好きなように楽しめるし、時間の問題だけではなくて好みの女のことも楽しめるじゃないですか。そこも風俗の魅力の一つではありますよね。ジャンル、バリエーション共々豊富なので選択肢も多いんです。男って女の子を選ぶっていうシチュエーションがよほどのイケメンではない限り無いじゃないですか。むしろ今の恋愛市場って男の立場がやたらと低いじゃないですか(苦笑)でも風俗だけは違うんです。風俗だけは男が選ぶ側として楽しめるとあって、つい利用したい気持ちになってしまうんですよ。そこにあるのは快感だけじゃないんです。

視線の使い方が抜群だったんです

彼女はDという風俗店にいるCさん。ホームページの写真を見ても一際綺麗だなって思ったんですよね。出勤日でもあったので彼女にしようと思ってお店に電話して予約。そして仕事の後に早速彼女と楽しむべく足を運びました。彼女はホームページ同様、いや、それ以上に美人でしたね。美人というだけでこっちのテンションもかなり高まりましたけど、彼女はただの美人風俗嬢ではありませんでした。美人であると共に、男をその気にさせるのがとっても上手な風俗嬢だったんですよね。特に視線の使い方。ずっと見ているかと思ったらふと視線を外したり、時には目をつぶったり。あれだけ視線を上手く使える風俗嬢はそんなにいないでしょう。というか、そうういったことを初めて意識したので、彼女がそれだけ上手な視線の使い方をしてくれるからこそなんじゃないかなって思いましたね。それまででは気付かなかったことに気付かされたってことなんです。いわば彼女の実力ですよね。